みえ防災塾とは

みえ防災塾とは

みえ防災塾とは
みえ防災塾とは

みえ防災塾とは

みえ防災塾とは

「みえ防災塾」とは、三重県地域で発生する自然災害に
備えて、自然科学、人文社会科学等、
知の集積をベースに、
防災・減災のための各種計画やマネジメントについて教育・研究するところです。
三重県と三重大学は市町、企業、NPO、県民、
各研究機関と連携協力して、防災・減災に関する専門知識と実践力を身につけ、
地域づくりに貢献する人材を育成します。
三重県の防災・減災活動を担う人材を育てます。

みえの防災を担う人達へ/To the people responsible for the disaster prevention of Mie

みえの防災を担う人達へ/To the people responsible for the disaster prevention of Mie

三重県・三重大学 みえ防災・減災センター長 三重大学 理事(研究担当)・副学長 鶴岡 信治
三重県・三重大学 みえ防災・減災センター長 三重大学 理事(研究担当)・副学長 鶴岡 信治

みえ防災・減災センター長からのメッセージ

三重県と三重大学は、平成26年4月から全国に先駆けた取組として、「三重県・三重大学 みえ防災・減災センター」を共同で発足させ、相互に連携・協力して、防災人材の育成・活用、地域・企業支援、情報収集・啓発、調査研究に取組んでいます。 特に防災人材の育成・活用については、県と大学はこれまでも協働して「みえ防災コーディネーター育成講座」や「美し国おこし・三重さきもり塾」等の事業を行ってきましたが、平成26年度からは新たな人材育成プログラムとして「みえ防災塾」を開始し、これまで以上に人材の育成と活用に積極的に取組んでいます。
「みえ防災塾」で学んだ人材が、それぞれの地域や職場で活躍している方々と連携・協力し、三重県地域の防災・減災活動に尽力していただけることを期待しています。

三重県・三重大学 みえ防災・減災センター長
三重大学 理事(研究担当)・副学長

鶴岡 信治

三重大学 学長補佐(防災担当)みえ防災塾 塾長畑中 重光
三重大学 学長補佐(防災担当)みえ防災塾 塾長畑中 重光

塾長からのメッセージ

「みえ防災塾」では、三重県地域で発生する自然災害に備え、地域の防災・減災活動を率先して担うことのできる人材を育成することを第一の目的としています。 塾生の皆さんには、授業カリキュラムを通して、防災に関わる最新の知識だけでなく、先進的・実践的な計画立案とマネジメントを実施する能力を養って頂きます。特に、演習や実習では、少人数教育や対話型教育を通じて、現場で活躍するための応用力や実践力をも身につけて頂きます。
「みえ防災塾」という名称は、これから育つ塾生だけでなく、すでに活動している「美し国三重のさきもり(補)」「三重のさきもり」、「みえ防災コーディネーター」などの皆さんとともに、協働して三重県地域の防災・減災活動に取り組んでほしいという思いから付けられました。平成27年度からは「みえ防災人材バンク」という防災・減災活動に取り組む方々を支援する仕組みも始まっています。防災・減災の分野で三重県地域に貢献しようという気概を持った方々、ぜひこの「みえ防災塾」に集い、一緒に学んでいきましょう。

三重大学 学長補佐(防災担当)
みえ防災塾 塾長

畑中 重光

みえ防災塾 アドミッション・ポリシー/Mie Disaster Prevention School Admission Policy

みえ防災塾 アドミッション・ポリシー/Mie Disaster Prevention School Admission Policy

このような人を育てます このような人を求めます

このような人を育てます
このような人を求めます

防災・減災活動における問題解決の実践に情熱を持ち、三重県地域に貢献しようという気概を持った人。

自然、社会、文化、人間に
対して幅広い関心を持ち、
それらの基礎学力を持った人。

防災・減災活動を理解するために
必要な自然科学、
人文社会科学に興味を持ち、
それらを応用する能力と自主的に学ぶ意欲を持った人。

防災・減災活動に対する旺盛な
好奇心を持ち、
真摯に問題を探求し続ける姿勢を
持った人。

みえ防災塾 2つのコース/Mie Disaster Prevention cram two courses

みえ防災塾 2つのコース/Mie Disaster Prevention cram two courses

さきもり基礎コース

さきもり基礎コースを修了すると「三重のさきもり補」として認定されます。
カリキュラムは2つの科目とさきもり集中セミナーから構成され、
定められた修了要件に従って履修します。(希望者は他の科目の講義も申請すれば受講することができます。)

平成28年度 (土曜日 13:00〜18:00)【全12回】

  • 前期(4月〜7月) 5回
  • 後期 (9月〜2月) 4 回
  • 他3回(希望者は他の科目も申請すれば受講可)

さきもり応用コース

さきもり応用コースを修了すると「三重のさきもり」として認定されます。
カリキュラムは5つの科目とさきもり集中セミナーから構成され、定められた修了要件に従って履修します。

平成28年度(土曜日 13:00〜18:00)【全22回】

  • 前期(4月~7月)9回
  • 後期(9月~2月)9回
  • 他4回コース 共通日程(予定) 開講日(予定)

入学の対象とする人物像

  • 三重県地域の住民の方(自主防災組織、自治会のリーダーなど)
  • 三重県地域の企業に勤務する人(災害対策や事業継続計画立案担当者など)
  • 三重県地域の地方公務員(災害対策や防災の施策立案担当者、教員など)
  • みえ防災コーディネーター育成講座の修了者
  • 津市民防災大学、四日市市防災大学などの修了者

入学式 平成28年4月9日(土)
修了式 平成29年3月18日(土)

シラバスのPDFをダウンロード
シラバスのPDFをダウンロード
募集パンフレットのPDFをダウンロード
募集パンフレットのPDFをダウンロード

ジャパン・レジリエンス・アワード2015 (強靭化大賞)の金賞(教育機関部門)を受賞!
ジャパン・レジリエンス・アワード2015 (強靭化大賞)の金賞(教育機関部門)を受賞!

ジャパン・レジリエンス・アワード2015 (強靭化大賞)の金賞(教育機関部門)を受賞!

ジャパン・レジリエンス・アワード2015 (強靭化大賞)の金賞(教育機関部門)を受賞!

平成27年3月15日(日)、仙台市市民会館で開かれた、レジリエンスジャパン推進協議会による「第一回ジャパン・レジリエンス・アワード2015(強靭化大賞)」に於いて、「みえ防災塾」の前身である「美(うま)し国おこし・三重さきもり塾」と、「美し国おこし・三重さきもり倶楽部」が、ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)の金賞を受賞しました。
 内閣府が進める「国土強靭化基本計画」を産学官民のオールジャパンで推進することを目的に「一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会」が設立され、強靭化(レジリエンス)社会の構築に向けた取り組みとして「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」が創設されました。三重大学が三重県、市町、企業、県民と協働して進めてきた「美し国おこし・三重さきもり塾」と「美し国おこし・三重さきもり倶楽部」による防災人材育成・実践プロジェクトを応募したところ、全国約200件の応募の中から大変に高い評価を受けて「金賞(教育機関部門)」を受賞することができました。表彰式は、国連防災世界会議の併催イベントとして仙台市で行われました。

受賞団体

美し国おこし・三重さきもり塾
美し国おこし・三重さきもり倶楽部

受賞プロジェクト

「『さきもり塾』と『さきもり倶楽部』を両輪とする地域実践型の防災人材育成および防災コミュニティ形成プロジェクト」
(レジリエンスジャパン推進協議会HP「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2015」受賞団体・プロジェクト一覧より)

修了生からの声/Voices from the graduates

修了生からの声/Voices from the graduates

修了生からの声
修了生からの声

みえ防災塾は、前身の「美し国おこし・三重さきもり塾」の時代から数えて、述べ281人の修了生を輩出しています。
修了生は三重県地域の防災・減災を担う人材としてそれぞれの地域や所属先で活動しています。

小さなことから こつこつと新谷琴江(平成22年度特別課程修了)

防災に関して何の興味もなかった私が消防団員となりそこから始まった防災への関心。一つの機関だけで防災と向き合っていても一向に変化がなかった。その間に水害があり、大きな台風があり、地震があり、自分の知識の向上を図りたいと考えた。防災コーディネーター終了後、数年後にもっと上を目指したいと思ったときに出会えたのがさきもり塾、たくさんの知識を習得する絶好のチャンスと何よりもたくさんの仲間と知り合えた。これこそ大きな財産と思います。簡単なことから伝えていく重要性、繰り返し伝えていく重要性を重視し一人でも多くの方が防災減災に取り組めたらと願っています。

美し国おこし・三重さきもり塾
-軌跡と展望奥野真行(平成23年度特別課程修了)

様々な場で活躍している仲間と志を同じくして「さきもり塾」という場で学ぶ機会を持てたことが何よりの財産だと思います。私のふだんの本拠地である行政の防災担当部署以外の様々な世界に接することができたことも貴重でした。
単に「何をするか」ではなく、「何のためにそれをするのか」という意識が塾を通してより明確になりました。しかし、それが到達点ではなく、これからも「何が大事か」をより自発的に考え、地域の触媒として少しでも役に立てるよう、仲間たちと日々研鑽していきたいと思います。

さきもり塾・先生・さきもり仲間へ感謝大久保浩(平成22年度特別課程修了)

防災・減災の専門基礎知識からマネジメントまで幅広く学ぶことができ、特に、特別研究ゼミでの個別指導では、先生からの鋭い質問・指導をいただき、貴重な体験を得ることができました。また、一緒に塾で学んだ仲間からも自分にはないものを吸収することができありがとうございました。
今後もさきもり倶楽部を通して仲間と共に三重県の防災力アップのお手伝いができればと思います。

さきもり塾に入塾して松浦利昭(平成23年度特別課程修了)

平成23年3月11日に発生した東日本大震災の後、4月にさきもり塾特別課程に入塾し、この時期に誰もが真剣に考えた「今自分に何ができるか」という言葉を反芻し、1年間の学業を終えました。卒塾後、畑中塾長や葛葉先生から背中を押して頂き、特別研究の成果を平成24年9月に弘前大学で開催された日本自然災害学会学術講演会にて発表することができました。その後も同じ志を持ったさきもり倶楽部のメンバーと共に色々な防災関連の行事に参加し、本当に充実した日々を送っています。

PAGE TOP